Work / 飲食店

CLUB GIRAFFE

ABOUT:ラウンジ
ADDRESS:大阪市曽根崎新地
DATE:2018年8月
DETAILS:内装工事(施工のみ)

以前はバーとして営業されましたが、北新地という地域性があるのでラウンジとしての業態変更に。
オーナー様は輸入クロスの大胆な柄が好きな方で、
今回は黒をテーマとしたシック&ゴージャスな店を依頼していただきました。

​Before After

1903-giraffe01-min.jpg
1903-giraffe02-min.jpg

​廊下

<Probelm>
収納と床が茶色なので明るい壁紙を貼ってバランスを取っていますが、

落ち着きと高級感が足りない感じでした。

<Solution>
壁を収納と同じ色目のクロスを貼り間接BOX を取り付け天井を照らすことで、壁と床は暗いですが、天井がすごい明るくなりましたので、

高級感と落ち着きがある入り口イメージができました。
間接照明は既存のものを再利用し、予算を抑えています。
お客様を店内へ誘導する効果も抜群です。

1903-giraffe03-min.jpg
1903-giraffe04-min.jpg

接客スペース

<Probelm>
オープンスペースで対面式でしたので、お客様同士で目線が合う恐れがありました。
正面に大きい鏡の壁面がありましたが、せっかくのポイントになる鏡をどう利用したらいいか工夫しました。

赤の柱があり、ポイントにはなりますが今回のテイストには合っていませんので、貼替の計画です。床の防音対策もしなければなりませんでした。
ソファーの張地と壁面クロスはお気に入りのものでして、それらを利用しながらインテリアを考えました。

<Solution>
低い間仕切りを新設することで圧迫感がなく目線を遮ることが可能でした。
団体のお客様を配慮し可動式の壁も1 つ制作しました。
半個室の一角だけをソファーの張地を張り替え、VIP ROOM の雰囲気を出しております。

アームがないソファーに肘掛も作り豪華な雰囲気を。
鏡周りの間接照明やポイント輸入クロスはそのまま利用しました。
新しい空間の雰囲気とよく合っています。
床はロールカーペットを引き、高級感を出しています。

1903-giraffe07-min.jpg
1903-giraffe08-min.jpg

カウンター

木の縁が回っている大理石のカウンターも店内のイメージと相応しい仕上げに。

Contact

見積り・ご相談はこちら

受付時間 9:00~17:30(土日祝除く)